MENU

画像

コートクリーニングをどうするかというのは、人によって違うと思いますしそれで良いと思います。

 

ただ、適当に扱うことだけはやめたほうがいいかもしれません。

 

あくまで私の場合ですが、自宅に近くにコートクリーニング店があります。

 

まあまあ近いというわけではなく、本当に近いところにあります。

 

ですので、とても便利です。

 

大通りにあるせいか、朝早くから開いています。

 

夜は遅くまでとは言いませんが、閉まるのは決して早くありません。

 

いいや、家の近くにはそんなところはないという人もいるかもしれませんが、もしかしたら知らないだけであるかもしれません。

 

大通りだったらさすがに見逃さないと思いますが、車通勤の人だったらもしかしたら見逃している可能性はないとは言えません。

 

もちろん脇見なんて出来ませんし、出来るとしても信号で止まっているときくらいでしょう。

 

見落としても無理はないと思います。

 

ですので、1度調べてみてください。

 

チェーン店は無くても、個人経営のお店とかはあるかもしれません。

 

今までチェーン店を使ってきた人だったら個人経営のお店は不安という人もいるかもしれませんが、個人経営のお店にも良いところはたくさんあります。

 

我が家は1番近いからチェーン店を使っていますが、もう少し離れたところに個人経営のお店があります。

 

たまに通りますが、いつもお客さんがいるというイメージです。

 

ですので、あまり不安に思う必要はないと思います。

 

お店は、自分が思っているよりもたくさんあると思います。

 

ではコートクリーニングについてですが、我が家はしょっちゅうは行いません。

 

シーズンオフのときに出すくらいです。

 

基本汚さないので、シーズン中に出すことはありません。

 

ですが、もしアクシデントがあったときは出すでしょう。

 

なんとなくもったいないと感じるかもしれませんが、汚れたコートをシーズン中着たままという勇気はありません。

 

なんか大人として恥ずかしいと思ってしまいます。

 

ですが、そういうのがなければクリーニングには出しません。

 

気になる人はしょっちゅう出すかもしれませんが、そこまで出す必要は無いかなと個人的には思っています。

 

ですが、結構高いコートを着ている人は、その質を保つためにしょっちゅう出したほうが良いのかもしれませんね。

 

特別高くなければ、あまり出しすぎると逆に生地が傷んでしまうかもしれません。

 

そうなっては意味が無いので、ほどほどにしておきましょう。

 

あと、コートだけを出すということはしません。

 

他にも何か一緒に出します。

 

セット割というと少し言葉は違うかもしれませんが、色々まとめて出すと少し安くなることもあります。

 

そのあたり調べておくと、結構差がつくかもしれません。

 

そこで浮いたお金を使っていずれ新しいコートを買うというのも、良いかもしれません。

 

あと、コートをケアする上で気をつけて欲しいことがあります。

 

私はついやってしまうのですが、コートを着るときは、雨や雪が降っていることもあると思います。

 

例え傘を差していたとしても、どこかしらは濡れてしまうものです。

 

コートが塗れたままなのを放っておかないでください。

 

軽く水気を拭き取り、乾燥させてください。

 

冬だったら、エアコンをつけて、風が行き渡るところにかけておくと良いと思います。

 

そうやって乾燥させましょう。

 

塗れたままクローゼットにしまってしまう人はあまりいないと思います。

 

乾燥させないにしても水気は拭き取ると思うのですが、水気も放っておくと湿気でいっぱいになり、臭くなってしまうかもしれません。

 

そのコートだけでなく周りもそうなってしまう可能性がありますし、最悪カビが生えてしまう可能性もないとは言えません。

 

そうなる前に、しっかり水気を拭き取り十分に乾燥させましょう。

 

そうしてからクローゼットに入れたほうが、他の衣服のためにもなると思います。

 

雨や雪などで単純に濡れたくらいだったらクリーニングに出す必要は無いと思います。

 

ただ、車が走って思いっきり水溜りの水がはねてしかも泥が付いたとかだったら、出したほうが良いかもしれません。

 

あくまで私の場合ですが、そういったアクシデントが無い限りクリーニングには出しません。

 

そこまで高いコートではありませんし、水も結構弾いてくれるものです。

 

ですが、物凄く高いコートもあるでしょう。

 

そういうものはケアの仕方も普通のコートを違ってくると思うので、説明書なんかあれば見ておいたほうが良いですし、買う前にお店の人に聞いておいたほうが確実かもしれません。

 

そのほうが間違いはしにくいと思います。

 

私の持っているコートはかなりカジュアルなので、まあ市0−ズンオフに出せば良いかなというかんじなのですが、高いコートの人はそんな気軽にはいかないかもしれません。

 

ですので、買った後迷わないよう、予めチェックしておくと良いですね。

 

ですがどっちみち、濡れたものをそのままにはしておかないほうが良いでしょう。


このページの先頭へ