MENU

画像

冬場の防寒に欠かすことのできないコート。アウターは価格もそれなりにお高く、収納の幅も取るため、毎日着まわせるほどの枚数を揃えている方は少ないのではないでしょうか。

 

 

 

同じコートを毎日着るという方も珍しくありませんが、汚れが気になってもご家庭でのお手入れは難しいものです。

 

そのため、コートをはじめとする冬物はシーズンオフのタイミングでクリーニングを利用されている方も多いようです。

 

 

 

一方、これまでコートのクリーニングを利用されたことがない方は、型崩れや汚れ落ちに不安を抱いている場合もあるでしょう。

 

 

 

コートとはひとことに言っても、さまざまなデザインや素材を使用して作られているものがあります。

 

クリーニングでは家庭で行うような水洗いによる方法の他に、ドライクリーニングという仕組みが取り入られています。

 

油性の液剤を用いて、汚れごと揮発させる方法です。

 

 

 

水洗いによって型崩れや繊維の収縮が発生してしまう素材には、ドライクリーニングが適しています。

 

 

 

コートのシルエットや生地の風合いが損なわれる心配もありません。

 

 

 

シーズン中、毎日着ることによって蓄積されてしまった気になる汚れについても、そのほとんどが取り除かれると考えて良いでしょう。

 

 

 

クリーニングを利用する際に気になるのは型崩れだけではなく、その料金についてです。

 

コートなどのアウターは料金も高額なイメージが持たれていますが、実際にワイシャツやインナーなどよりも高めの料金設定を取り入れている店舗がほとんどのようです。

 

 

 

コートの種類によっても、料金は異なりますが、場合によってはコートそのものを購入した際の値段と変わらない料金が必要になってしまうケースもあります。

 

 

 

コートのなかでも最も料金が高いのはダウンコートです。

 

内側に使われているダウンやフェザーの質を落とさないように洗い上げるための技術が必要となるため、価格だけでなく、仕上がりまでの日数を長くとっている店舗もあります。

 

 

 

アンゴラやカシミヤなど、天然の高級素材についても高額になる場合が多いようです。

 

 

 

また、注意したいのはコートの形状やデザインについてです。

 

取り外しが可能なフードなどは、本体とは別の商品として2点目の価格が設定されてしまうケースもあるのです。

 

部分的に毛皮が使われているものは、この部分について高額が設定されてしまうこともあるので、取り外しが可能で汚れがそれほど気にならない場合は外した状態でクリーニングに出す方法もあります。

 

 

 

リアルファーは、本来の性質を考慮すると、洗濯は必要ありません。

 

自宅でブラッシングをし、毛並を整えた状態で保管しておけば、風合いを損なうことなく来年も使うことができます。

 

 

 

料金については店舗によって違いがありますので、問い合わせ、数店舗を比較して選んでも良いでしょう。

 

また、冬物のシーズンオフ期は、クリーニング店が最も稼ぎ時としているタイミングです。

 

必ずといって良いほど、キャンペーンを実施しています。

 

 

 

コートは複数枚出すことによって割引になったり、1枚分が無料になるなど、お得な出し方があるのでチェックしておきたいものです。

 

 

 

クリーニングは主に店舗への持ち込みと、営業マンによる訪問引き取りがあります。

 

 

 

店舗を利用する際は、当日仕上げを選べることや比較的低価格でサービスを利用できるメリットがある一方、持ち込む枚数が多い際などは持ち運ぶ負担や店舗の営業時間に合わせることがデメリットに感じることもあるでしょう。

 

最近ではお仕事などが忙しい方のために、24時間営業の店舗も増えています。

 

 

 

営業マンが訪問して引き取る場合は、回収も仕上がりの引き渡しもお任せできるので、自宅の玄関で完結してしまいます。

 

ただし、営業マンが訪問する時間がある程度決められていることから、ご家庭によっては返って不便になることもあります。このような場合は、宅配ケースを用いたやり取りを取り入れているクリーニング店もあるようです。

 

 

 

訪問によるメリットは持ち込みや引き取りの手間が省けるだけでなく、場合によっては交渉でサービスを受けられることにあります。

 

 

 

キャンペーンに則ったサービス以外にも、枚数によって1枚分が無料になるということもあるようです。

 

 

 

冬物のクリーニングの際に、覚えておきたいのはお得な出し方だけでなく、来シーズンに向けた準備です。

 

 

 

ダウンコートや天然素材などにもおすすめな防水加工・撥水加工です。

 

雨や雪がしみて型崩れを起こしたり、シミや汚れから素材を守ることができる便利な加工です。

 

 

 

防水加工や撥水加工は、スキーウェアや雪あぞびをする子どもの防寒着や手袋にも使えます。

 

 

 

冬物のコートをはじめとするアウターは、高価なうえに1年のうちでも限られた時期にしか使用しない場合も多いので、できるだけ長く使えるようなお手入れがお得です。

 

 

 

コートのクリーニングはキャンペーンが始まる時期を確認して、この春はお得にまとめ洗いをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 


このページの先頭へ